トップ新着情報ドローンに高い関心! 研修会に大勢が参加

ドローンに高い関心! 研修会に大勢が参加

 2月23日と24日、情報メディア館3階のメディア情報学科コンシェルジュスクエアで、ドローン研修会を開催しました。主催は徳島県で、ドローン協会と四国大学が連携協定を締結しての最初の共同事業です。

 ドローンを業務等に活用したい企業の方たちが多数応募し、早い時期にキャンセル待ちとなったほどの盛況ぶりで、学生7名を含む20数名が2日間の研修に参加しました。

 初日、午前中は座学とシミュレータ体験、午後は室内での操縦体験。2日目は午前に法やヒヤリハットを学びグループディスカッション。午後は大神子海岸へ出かけて操縦の実習を、ドローン協会の講師陣より習いました。

 ドローンは、計り知れないメリットがあり、その手軽さと便利さで急速に普及していますが、同時にリスクも抱えており、正しい知識と技術に加え、そのリスクに対する責任を持つことが求められます。そのリスクに向き合う上でも、研修会は大きい意味をもっています。

 メディア情報学科3年生の新井木乃美さんは、「ドローンを飛ばすのは楽しいし、企業の人とも知り合いなれて、研修会に参加して良かった」と満足した様子でした。

メディア情報学科ドローン講習会の様子 メディア情報学科ドローン講習会の様子 メディア情報学科ドローン講習会の様子

メディア情報学科ドローン講習会の様子 メディア情報学科ドローン講習会の様子 メディア情報学科ドローン講習会の様子

メディア情報学科ドローン講習会の様子

カテゴリー

このページの先頭へ