トップ新着情報経営情報学部の学生がポッポ街商店街活性化に向けて現地調査を行いました

経営情報学部の学生がポッポ街商店街活性化に向けて現地調査を行いました

平成28年10月22日(土)に、経営情報学部の学生16名が、徳島駅前のポッポ街商店街の活性化に向けて現地調査を行いました。
当日は、ポッポ街商店街振興組合理事長の杉原正伸氏から、ポッポ街商店街の歴史・現状・問題点等を説明していただいた後、ポッポ街商店街で現状調査を実施しました。
この取り組みは、経営情報学部専門科目「ベンチャービジネス論」の授業の一環として行われています。
今後は、ポッポ街商店街活性化のためのビジネスプランを作成し、発表会を行う予定です。

poppo01.jpgpoppo02.jpgpoppo03.jpg

カテゴリー

このページの先頭へ