トップ新着情報経営情報学部の3年生が「企業診断」に挑戦しました

経営情報学部の3年生が「企業診断」に挑戦しました

平成28年9月5日(月)に、経営情報学部3年経営システム研究室の学生7名が「企業診断」に挑戦しました。
当日は株式会社小田商店本社を訪問し、小田社長からの事業全般の説明後、各部署を回り、あらかじめ用意したチェック項目についてヒアリング調査を行いました。最後に企業診断結果をまとめ、小田社長に報告しました。
当日の企業診断は、企業変革支援プログラム(中小企業家同友会全国協議会発行(2015))の中の大項目(5項目)と小項目(22項目)について行われました。
大項目については、次のような内容でした。

企業診断の大項目

  • 経営者の責任(経営理念の成文化とリーダーシッププロセス)
  • 経営理念を実践する過程(方針・計画策定プロセス)
  • 人を生かす経営の実践
  • 市場・顧客及び自社の理解と対応状況
  • 付加価値を高める

20160912kigyousindan01.jpg 20160912kigyousindan02.jpg

20160912kigyousindan03.jpg 20160912kigyousindan04.jpg

 

カテゴリー

このページの先頭へ