トップ新着情報経営情報学部の学生がベンチャーインターンシップ「社長のかばん持ち」に参加

経営情報学部の学生がベンチャーインターンシップ「社長のかばん持ち」に参加

平成28年8月17日(水)~18日(木)に、経営情報学部2年生の学生2名が、ベンチャーインターンシップ「社長のかばん持ち」に参加しました。学生は2日間、吉野川タクシー(徳島市)と電脳交通(徳島市)の社長を務める近藤洋祐氏に密着し、取引先等を訪れるなど、社長の活動を直に学びました。
この取り組みは、学生が中小ベンチャー企業の社長に密着して就業体験をするもので、9月11日(日)までの間に経営情報学部の学生7名が4社で就業体験を行います。
本就業体験事業は四国大学COC+の取り組みの一つで、徳島県信用保証協会の協力を得て、実施されています。

社長のかばん持ち 社長のかばん持ち 社長のかばん持ち

カテゴリー

このページの先頭へ