トップ新着情報学生がゼミで制作した動画を県庁にて上映!

学生がゼミで制作した動画を県庁にて上映!

5月16日、徳島県庁の10階大会議室で、食の安全安心審議会が開催され、
その席に4年生の濱田君と小延さんが出席し,昨年度ゼミで制作した食品表示啓発動画を上映しました。

四国大学メディア情報学科学生が制作した食品表示啓発動画上映の様子

まず徳島県安全衛生課課長補佐の林様によって、消費者や若者の視点で食品表示の意味や重要性について認識を深めてもらうために作成したことや、徳島県と当メディア情報学科が連携して作成したことなどの経緯が説明されました。

続いて、作成を担当し、動画にも出演している濱田君と小延さんが紹介されました。

濱田君、小延さんは、作成に当たって苦労したこと、勉強になったこと、限られた時間で作成することが大変だったことなどの感想を述べ、動画が上映されました。

上映後は,出席者全員から拍手があり、委員からは次のようなご意見をいただきました。
・大変分かり易かった。子供にも見せてあげたい。
・最後の「安全な食品を安心して食べる・・」はとても大事なこと。

大勢の審議会委員や県職員を前に、自分たちの制作した映像を説明し上映したという経験は、何にも増して貴重なもので、ふたりの学生たちには大きな自信に繋がったことと思います。

最後になりましたが、このような機会を作っていただいた徳島県安全衛生課の皆さま、食品表示法に関係するレクチャーをしていただいた加渡先生、温かいご意見をいただいた委員のみなさまに厚く御礼申し上げます。
ありがとうございました。

四国大学メディア情報学科学生が制作した食品表示啓発動画上映の様子  四国大学メディア情報学科学生が制作した食品表示啓発動画上映の様子 IMG_2761_s.jpg

カテゴリー

このページの先頭へ