トップ新着情報第7期「社長塾」が始まりました

第7期「社長塾」が始まりました

第7期「社長塾」

平成29年4月17日(月)に、今年度の「社長塾」が始まりました。

社長塾は、毎週月曜日(4時限、P201講義室)において実施され、学生たちは経営者の方々から貴重な学びと気づきをいただいています。本年度の受講者は105名(経営情報学科3年生、メディア情報学科3年生)で、第1講目は株式会社サンフォート代表取締役山城真一氏が「社長塾で、なんのためにグループ討論をするのか」と題して講義を行いました。
また、講義後のグループ討論では、学生たちは21グループに分かれて、討論テーマ「四国大学でなんのために学んでいますか?」について議論し、その結果をグループの代表者が発表しました。

経営情報学部では「地域連携にこだわった」人材育成を推進しています。その一環として、徳島県中小企業家同友会様と連携して平成23年度より「社長塾」(事業創造論/前期選択科目)を開催しています。

第7期「社長塾」 第7期「社長塾」

関連資料はこちら(PDF 143KB)

カテゴリー

このページの先頭へ